埼玉県行田市中央小学校

\ シェアお願いします! /

<33>

依頼日:2021/6/4
TEL:048-554-5551 学校長
住所:埼玉県行田市本丸7-20

<依頼主より>
子どもたちは先生の言うことをよく聞きます。「外していいよ」ではなく「体育と外では外しましょう」と言ってやらないと外せません。大人でもマスクをしていたら座っているだけでも苦しい時があります。夏場は特にです。それが子どもならどうでしょうか。風邪をひいていないなら鼻を出してもいい、苦しくなるならマスクを外していい、そしてマスクをしていない、又はしている事がイジメの火種にならないよう指導してあげてください。

<以下、コメント欄はコールスタッフによる履歴>
電話対応者は「電話対応」と記載必須

Follow me!

埼玉県行田市中央小学校” に対して2件のコメントがあります。

  1. のぞみ より:

    【電話対応】
    教頭森田先生
    【内容】
    教頭先生によると「今現在、このような、登下校時の指導は行っておらず、一列や距離もとっていないし、しゃべるなとも言っていない、マスクははずさせるようにいっている。挨拶などもするようにいっている。体育なども外すように言っている。」ということでした。お友達とおしゃべりするのも生活であり学習です。禁止ならば挨拶もさせないということになります。これは大きく間違った教育です。マスクに関しても弊害がたくさんあり、ぜひ資料をお読みいただきたいとお伝えしました。
    【資料】
    送付する。

  2. のぞみ より:

    【当校のホームページより】
    当学校のホームページに以下の記載事項のお知らせがある。
    「登 下 校 時
    ○マスクを着用して登下校させる。
    ・マスクがない者や忘れた者が登校した場合に備え、校内で対応方法を共通理解しておく。
    ・マスクを触らないように指導を徹底する。
    ○分散登校の活用について。
    ・当分の間、学年ごとや地区ごとに登校時間に差を設けて登校させる。
    ・家庭、地域、関係機関(警察等)との連携・協力による登下校指導を行う。
    ・小学校では、特に新入生に対する指導を次のように徹底し、交通事故や不審者対応などに対する指導を徹底する。
    <新入生に対する指導例>
    ・登下校時のグループ編成の工夫
    ・徒歩通学時の等間隔、一列歩行や不要な会話の禁止
    ・高学年児童と同じ時間帯にした登下校
    ○公共交通機関やスクールバス等を利用する際は、マスクの着用を徹底し、近距離での会話を控えさせる。
    ○登下校後に、石けんによる手洗いを徹底する。
    ・手を拭くタオルやハンカチ等は共用しない。
    ○下校は、グループごとに時間帯を設定して下校させるなどの工夫により、校門や昇降口等での密集が起こらないよ
    うにする。」

    作成元は埼玉教育委員会。なんと登下校時子供にマスクをさせ、一列に並ばせ、間隔をあけさせ、しゃべることを禁じている。どれだけ虐げればきがすむのかということで、学校管轄している行田市教育委員会に問い合わせると、このような記述は初めて見ました。そのようなことを、埼玉教育委員会が出していて、各学校のホームページに載っているのをはじめてみました、と知らなかったというそぶりで、教育長と確認してみますという。会話の禁止をまるでしらないという。あくまでも例ですから、という始末。
    実際にそのような指導を学校で行っているのかようく確認したい。

    校 長 荻原 章(おぎはら あきら)
    教 頭 森田 美智子 (もりた みちこ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です