名古屋市猪子石小学校

\ シェアお願いします! /

<59>

依頼日:2021/6/7
TEL:052-773-4361 校長 秋山志津子
住所:愛知県名古屋市猪子石2丁目1201

<依頼主より>
目には見えない問題が多々ある。そして普段から健康意識は高くもっていたのにも関わらずマスクを着用してから子供が不調を訴えてきた。それでもマスクマスクマスクと言われて、そもそもコロナじゃないのに(コロナかどうかわからないのに)苦しくてマスクを外した際にコロナがうつるからマスクしてと友達に言われるのがすごく気分が悪い。コロナになることだけが怖い、恐怖、っていうのも子供の将来に影響すると思ってます。

<以下、コメント欄はコールスタッフによる履歴>
電話対応者は「電話対応」と記載必須

Follow me!

名古屋市猪子石小学校” に対して4件のコメントがあります。

  1. 普通の生活に戻したい より:

    マスク不着用、学校との交渉の仕方です。
    (ご参考)

    上原敬
    @un4yRFGlfQRAIZD
    皆様、お疲れさまです。
    今回は、学校におけるマスク不着用の進め方をご紹介したいと思います。
    下記内容は、私が実際に子供のマスク不着用を学校側(公立小学校)に容認していただいた内容に基づいております

    皆様にご準備していただく書類
    ①お住まいの市町村教育委員会発行の公文書不開示決定通知書
    *公文書開示請求書は市町村のホームページ上に有るか、市町村の公文書開示請求担当窓口に有ります。
    *請求内容は、私が文部科学省に請求した内容。理由は後ほど説明いたします。

    ②お住まいの都道府教育委員会発行の公文書不開示決定通知書
    *これは、私の都道府県教育委員会発行の公文書不開示決定通知書をコピーして利用しても大丈夫ですが、ご自分のお子様を自分の力で助けたと言う自信にも繋がるので、出来ればご自身で取得されることをお勧めいたします。
    *開示請求内容は、①の市町村教育委員会の物と同じです。

    ③お住まいの市町村長発行の公文書不開示決定通知書
    *請求内容がマスクだけなら
    『マスクの着用が新型コロナウイルスの感染防止に効果があるという科学的根拠、論文等』と記載する。
    それ以外も必要なら、私の国立感染症研究所の行政文書不開示決定通知書を見ながら必要なものを選んで記載してください。

    ④お住まいの都道府県知事発行の公文書不開示決定通知書
    *③の内容と同じ内容で開示請求してください。

    ⑤文部科学省発行の行政文書不開示決定通知書
    *これは、私の物をコピーして使用してください。理由は、ご自身で請求しても時間が掛かりすぎるからです。通常1ヶ月以上掛かります。今なら2か月以上かかるかも。

    ⑥国立感染症研究所発行の行政文書
    不開示決定通知書
    *これは、私の物コピーして使用してください。理由は上記⑤と一緒です。

    ⑦文部科学省発行
    新型コロナウイルス感染症に対応した持続的な学校運営のためのガイドラインの改定について(通知)

    https://mext.go.jp/content/20210219-mxt_kouhou01-000004520-03.pdf…
    の表紙及び別紙2 新旧対照表(P1)、(P21)をダウンロードしてコピーして下さい。

    ⑧学校における新型コロナウイルス感染症 に関する衛生管理マニュアル ~「学校の新しい生活様式」~ (2021.4.28 Ver.6)
    https://mext.go.jp/content/20210514-mxt_kouhou01-000007426_1.pdf…
    の表紙及び目次(P1)、3.学校における新型コロナウイル感染症対策の考え方について(P13)をダウンロードしコピーして下さい。

    ①~⑧の資料が揃ったら、お住まいの市町村及び都道府県の教育委員会に電話もしくは直接行き
    『学校におけるマスク着用の根拠はないですよね。』と念のため口頭にて確認し言質を取っておいて下さい。
    その際に、『以前公文書開示請求した者ですが』と話をしておくと対応が良くなります。
    後、対応した方のお名前を覚えておいてください。学校側と話し合いの際に『市町村の教育委員会、都道府県の教育委員会の誰某にも学校におけるマスクの着用の根拠は無いと口頭でも確認済みです。』と伝える為。
    なぜこの様な事をするかと言いますと、先に教育委員会を落とす事によって、マスクを外す外さないの対応を学校側だけでさせる為です。

    教育委員会の次は、本丸の学校側との面談になります。
    ここからは、細かい説明をしていきます。
    まず学校側に
    ⑴『子供のマスクの件でご相談が有るのですが。』とアポを取ります。
    注1 その際、強気で行ってはいけません。何か、策が有るのではと勘ぐられます。
    ⑵アポが取れたら、脳内シュミレーションしてください。
    注2 間違えても、出たとこ勝負は止めてください。
    仕留める時は、勝負所で一発で仕留めないと勝てる勝負も勝てません。

    ⑶最初から、学校長が出てくるとは思えないので、まずはジャブとして担任もしくは、学年主任、教頭に
    ⑦の文部科学省発行のガイドラインを見せながら『私も子供もマスクをしていて熱中症になりかけましたし、文科省発行の改正後のガイドラインではマスクをつけてくださいと記載されてないので、学校ではマスクを外させて頂けないでしょうか。』と言って下さい。
    注3 もしかした、ここでこの日は持ち帰りになるかも知れません。
    その場合は、一旦引いてください。
    注4 今の段階では、公文書不開示決定通知書等の話や、教育委員会に確認済みの話はやめて下さい。
    そういった物は畳み掛ける時に使います。

    ⑷話し合いが続いた場合、『ガイドラインにはその様に記載されてますが、現在学校は、文部科学省発行の衛生管理マニュアルに則って学校運営はなされております。』と自信満々に言ってくるはずです。

    ⑸今度は貴方が、『衛生管理マニュアルにそう記載されておりますので、市町村の教育委員会に公文書開示請求したのですが、マスク着用の根拠が無い為公文書不開示決定通知書をいただいております。』
    と市町村の教育委員会発行の公文書不開示決定通知書を見せながら、学校側に話をしてみて下さい。

    ⑹ここまで来ると学校側はかなり焦って来るはずです。『市町村の教育委員会にマスクの根拠は無くても都道府県の教育委員会には有るはずだ』と言ってくるかも知れません。
    ⑺その場合は、貴方が『都道府県の教育委員会にも先ほどと同じ内容で開示請求しましたが、同じく根拠が無いため不開示決定通知書でした。』と都道府県教育委員会発行の公文書不開示決定通知書を見せながら、返事をしてください。

    注5 ここまで話をしたら、『市町村の教育委員会の誰某、都道府県の教育委員会の誰某にも口頭にてマスク着用の根拠は無いと確認済みです。』と話をして下さい。
    注6 学校側は、ここで孤立無援に気づきます。ここまで来れば、お子様のマスク不着用は勝ち取れるかもしれませんが、まだ粘る学校も有るかもしれません。

    注7 その際に、私の行政文書不開示決定通知書
    (文部科学省及び国立感染症研究所)を出して下さい。
    衛生管理マニュアル(P13)では、マスクの効果は感染研のデータを利用していると言っていますが、その根拠は無いと説明するためにも感染研の不開示決定通知書が必要になります。
    注8 ①②の公文書不開示決定通知書の内容を文科省の内容と
    一緒にしたのは、衛生管理マニュアルにおけるマスクの根拠を否定するために同じ内容にしました。
    注9 ③④の公文書不開示決定通知書は、この段階で使います。

    注) 私は、この段階で全国の都道府県知事発行の公文書不開示決定通知書、全国の都道府県の教育委員会発行の公文書不開示決定通知書も見せました。
    学校長は、何も言えませんでした。ここまでする必要は無かったかも知れません。
    ここまでくれば学校側は、マスクの着用は科学的根拠が無いのでお願いでしかないと認めるはずです。

    ⑻私の場合、学校側に『子供がいじめに遭うかも知れませんが』と言われましたが、
    『その際は教育委員会に言うだけですね。』と言ったら何も言わなくなりました。

    ⑼今度は、学校側から提案(妥協案)が来るかも知れません。
    その妥協案が貴方が飲めるものは飲んで、飲めないものは拒否してください。

    取り敢えず、この様な感じになりますね。
    上記内容は、公立の幼稚園、小中校に対応した内容になります。公立の高校や、私立の学校は、ご自分で適宜公文書開示請求先を変えて下さい。
    これからも宜しくお願いいたします。

    転記終了。
    画像は下記より確認下さい。
    https://mobile.twitter.com/un4yRFGlfQRAIZD/status/1457880209684791300

  2. のぞみ より:

    【電話対応】
    秋山校長先生
    【内容】
    マスクはお外では外しましょうと、強く言っている。登下校中は外していいと言ってはいるもののおしゃべりはつけましょうとなっている。

    苦しいと訴えがある子どもたちは常時外していいという風にしていく。
    しかしインフルエンザのでの学級閉鎖が減ったことを受けマスクは感染症予防に効果があると思っている。途中来客があり、すぐに電話を切られて終電となる。
    【資料】送ります。

    1. ゆう より:

      ありがとうございました。ありがとうございます。この後、何度か校長の方に連絡を入れ、自分の子はノーマスクで登校できるようになりました。ここで終わりなわけではなく隔離や、音楽の歌を禁止されています。これからまだある課題をクリアしていけたらとおもいます!
      それからここにコメントさせてもらって行動していただけたのでわたしも行動できて本当に感謝しています。

      1. 普通の生活に戻したい より:

        ノーマスク登校にこぎ着けて良かったですね
        まだまだ問題はありそうですが、応援しています。

        ノーマスクコールセンターと同じく下記の方もTwitter通して、
        精力的に学校へ働きかけていて、たくさんの方が交渉の仕方など参考にされています。
        (ご存知かもしれませんが)
        私も出来ること、継続してがんばります。
        耳を傾けてくれる先生もいてそれなりに効果は出ています。

        上原敬
        @un4yRFGlfQRAIZD
        (https://mobile.twitter.com/un4yRFGlfQRAIZD)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です