山口市立大殿(おおどの)中学校

\ シェアお願いします! /

<117>

依頼日:2021/06/22
TEL:083-922-0688 校長 松田和寛
住所:〒753-0031 山口県山口市古熊1丁目4番1号

<依頼主より>
初めまして。お世話になります。自分の住んでいる団地の中学生のマスク着用の件で依頼させて頂きます。昨日の夕方、わたしが自転車で団地の坂(急勾配できついです)を下りていると、下方からマスクしたまま自転車を漕いで上がってくる中学生の男子がいたので、すれ違う際にマスクを外していいんだよ、と声を掛けました。後ろを見ると自転車を降りてその中学生がわたしを待っているので、引き返して詳しく話しました。マスクをしていたら酸素が2割カットされる上今は暑いから熱中症になる前に外した方がいいんだよ。と言いましたが、彼はえー?と首を傾けてこう言いました。だって、学校の行き帰りはマスクをするように言われている。テレビで首相やお医者さんがマスクをするように話している。感染者が何人と言っている。と。わたしがテレビの言う事はほぼ嘘で大人はみんな騙されているんだよ。本当は怖いウイルスなんて流行っていないんだよ。と言うと、えー?えー⁇とさらに首を傾げて混乱していました。彼が言うには自分も?先生にマスクが苦しいから外したい、と訴えたことがあるが、みんなが苦しいんだ。と返答されたそうです。先生からも息が苦しくなったら外していいと言われていると言うのですが、この夏場では、苦しくなってからでは遅いと思います。人が見ていないところでは外しなさいと言いましたが、真面目そうな子で、それでも無理そうです。彼はわたしの話を聞くうちに理解して来て、じゃあ、どうしてこんな事になったの?と質問して来ました。ですが、わたしはあどけない子どもに奴隷にする為、とは言えず、、恐ろしい理由があるけど、あなたの年では受け止められないから今は言えないと言いました。彼は学校で僕1人じゃ外そうにも外せない、上の方の人が言ってくれないと。と言うので、じゃあ、わたしから校長先生に電話しとくね。と約束しました。それで、いつもというわけではないのですが、マスク姿の子を見ると見かねて声を掛けています。自分の周りにマスクの危険性を理解している大人は殆どいないのでいつも1人では非力だと感じています。皆さん依頼が増えてお忙しいとは思いますが、お力を貸して頂けると助かります。よろしくお願い致します。

<以下、コメント欄はコールスタッフによる履歴>
電話対応者は「電話対応」と記載必須

Follow me!

山口市立大殿(おおどの)中学校” に対して7件のコメントがあります。

  1. Hi-Kan より:

    まだ学校に電話掛けした人がいないみたいなので、私が電話しました。

    電話対応:たけやす教頭 
    ※会話内容は要約しています。私→教頭の順番です。

    「子供のマスク着用を止めさせてください。お願いしています。」
    「突然そういう風に言われましても…」
    「マスク着用の状況は?」
    「登下校時と授業中、全てにおいて着用させている」
    「体育の時間は?」
    「体育の時間は外している。距離感をとって進めている」
    「登下校中も熱中症の危険は高いと思う」
    「登下校に関しては、日も暮れているし、朝も早いので、熱中症もここ何年も聞いては…登下校時の熱中症はここ2.3年聞いていない」
    「急な被害はないけど、慢性的な健康被害がある。酸素不足・コミュニケーションの阻害など」
    「そういう医学的な見地の報告は届いていない。市教委・文科省のほうからそのような報告あればそれに従う。今のところそういう指示はないので、通常通りこの状態で進める」
    「弊害は医学的に証明されている。沢山の医師が警鐘を鳴らしている」
    「逆に大丈夫であるという話もある。一概に一つの方向からの話で物事をきってする、というのはなかなか難しい。個人的な問題ですけども。色んな実証や検証があったうえで、実際ここの大学の先生が発表している文献があれば考えるべきかな。考えられるだけでは難しい。個人的な考えですけど」
    「私が勝手に考えて言っているわけではない。専門家が言っている。立証されている」
    「例えば、どこの大学の先生が言っているんですか?」
    「電話での説明より、資料を送ったほうが早いので送ります。ドイツの神経学者が脳神経への悪影響を警告しています。実験でも、マスクを一時間着けて雑菌が繁殖した結果が出ています。それで呼吸器に悪影響がある。被害出てからでは遅い」
    「今校長のほうは不在です。意見を頂いたということは伝える。明日から、そうしましょうということは難しい。学校だけの判断では進められない」
    「着用を任意にさせる学校も出てきています。最近では兵庫県の例もあります。乗っかってみるのはどうでしょう?」
    「学校独自は難しい。できたら、県教委・市教委のほうに相談してみれば?その方が話がうまく進むかも分かりません」
    「私は今のところ、学校へ電話しかできない。学校の職員の方で、私から意見があったということで教育委員会に相談されてみては?」
    「意見があったことはお伝えします」
    「資料を送ります」

    ■感想
    私のほうも「こう言われたらこう言い返す」という自分で作ったマニュアルにとらわれ過ぎて、臨機応変・柔軟な対応ができなかったように思われます。
    「登下校中に熱中症の危険が高い」という話は必要なかったかな?
    雑菌の繁殖の話ですが、実際には1時間ではなく、20分でこれだけ細菌が繁殖します。
    https://note.com/nakamuraclinic/n/n5a9bd81613db

    1. Hi-Kan より:

      本日、たけやす教頭宛に普通郵便で資料を発送しました。

      1. 依頼者 より:

        Hi-Kan様
        丁寧にお電話して下さりありがとうございます
        自分に子どもがいないので学校内でどこまで子供たちにマスクをさせているのかいまいち分かりませんでしたが、体育以外はずっと。という事がわかりました。酷いですね。

        教頭先生の言葉通り市などの教育委員会に訴えた方が良さそうなので、
        又改めて依頼させて頂きます。
        資料も送って頂き感謝します

        1. Hi-Kan より:

          依頼者様
          ご返信ありがとうございます。
          本当に醜い状況ですね。
          また教育委員会への依頼をなさるのですね。
          私もできることでお助けいたします。

  2. 熊崎幸子 より:

    事務局のかたへ
    お世話になります。
    依頼者のかたからの許可もありましたので
    連絡先をお知らせください。
    よろしくお願いします。

    依頼者のかたへ
    ご連絡ありがとうございます。
    是非情報交換などしたいですね。

  3. 依頼者 より:

    熊崎さん
    ご返信ありがとうございます。
    同じ地域で反マスク運動をされている方がおられるなんて初めて知りました。わたしもまだ他には存じ上げません。
    情報交換などできるといいですね。

    事務局の方へ
    わたしのメルアドは熊崎さんに教えてあげてくださいませ。

  4. 熊崎幸子 より:

    山口では近くにマスク反対の行動をしている人を見聞きすることがありません。機会があればこの方とメールなどでお話ししてみたいので連絡先のご紹介をお願いできませんでしょうか。私は商店街でチラシ配りなどをやっているのでこのような活動にも力になれることがあるかと思います。住所もとおくはないようですので会えるかと思います。一人だとホントに動きづらいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です