葛飾区よつぎ小学校

\ シェアお願いします! /

<162>

依頼日:2021/07/17
TEL:03-3693-4640 校長 島野浩之
住所:〒124-0011 東京都葛飾区四つ木4-8-1

<依頼主より>
マスク着用は当たり前、鼻を出していると担任の先生に注意されます。暑い日の外遊びや体育の授業は、「マスクをはずしてもいい」と言われるようですが、マスク=善 と植えつけられている生徒は、マスクを外そうとしません。我が家の子どもは、マスク常用の危険性を理解しているので、外したい、せめて鼻を出したいと思っていますが、子ども間で注意されるようです。「マスクをしていないと遊ばない」と言われることもあり、危険性を理解しながらも着用せざるを得ない状況です。先生方は、コロナに対しての知識やマスクの危険性(熱中症以外のもの)を知らないように感じます。何卒よろしくお願いします。

<以下、コメント欄はコールスタッフによる履歴>
電話対応者は「電話対応」と記載必須

Follow me!

葛飾区よつぎ小学校” に対して2件のコメントがあります。

  1. のぞみ より:

    電話対応

    島野校長先生

    内容12分

    体育の時は外している。持久走などは厳しく外すように指導している。
    始業式の日に、マスクを付けていない子を注意をしたりして心を痛めている子がいるというご指摘の電話がありその日に、マスクをつけましょう、しかしつけていない子には優しく注意してあげましょう、きつい注意はしないようにしましょう。たまたま私もマスクが鼻から出ていました。それを子供たちが優しく注意してくれました。とのことだった。

    しかし、マスクで感染が防ぐ効果があるという根拠がでておりません。鼻が出ても口が出ても問題はないのですから、優しくとも厳しくともマスクを付けるようにという注意はしないようにしていただき、逆に、マスクを付けなければならないという、ことから子供たちを苦しめているという結果に結びついているので、是非とも資料を読んで参考にしていただきたいとお話した。

    先生としてはマスクには効果があると思っているとのことで、学校教育現場を担っているものとしてはしっかり教育委員会や、保健所等の指導に従うことが公共の福祉につながると思っている。とおっしゃっておられるので、上の言うことだけでは全く出てこない専門家の方々のお話を是非とも見ていただき広い知見をもって子供たちに接していただき、何が本当に良い学校の在り方かをご自身でよく考えていただくための参考になればありがたいと、資料のほうを送らせていただく。

  2. のぞみ より:

    葛飾区教育委員会へ架電
    【電話対応】
    指導室サポートチーム(電話相談窓口) わきさかさん

    【内容】15分
    サポートチームは電話相談窓口で、区役所の職員ではないが共有して対応するということ。

    葛飾の学校にて、お友達にマスクのことでいじめにつながるような事が起きていて、差別と思われる子供同士の問題があるのできちんと先生に、お話しして指導していただきたいです。

    「今すぐ対応したい。こういうご相談は、はじめてもらった。個人的なもんだいというより、学校全体で言っていかなければと思いますので学校名を教えてくれますか?今は夏季休業中なので、休み明けにそれを周知するということになるとは思いますが。」
    学校名をお伝えしました。
     

    つけられない人もいることや、マスクを付けないことでなにかマスク警察のようなことをしてはいけない。

    そおそも、マスクの着用は子供の有害性が大きく、常につけ続けること自体も全く良いことではないというと、うーんそれは言えないかもわかりませんが、、、。

    もう一つ、先生が鼻が出ていることや苦しくてマスクを外しているときに「あなたつけなさい」という注意もしてはいけないと思いますのでそこも指導してください。

    というとはい、わかりました。今から学校へお電話しますので。といわれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です