大村市立放虎原(ほうこばる)小学校

\ シェアお願いします! /

<269>

依頼日:2022/3/12
住所:856-0817長崎県大村市古賀島町133−25
TEL:0957-54-2815児玉浩二学校長宛

娘が1〜2ヶ月くらい前から日常的に頭痛・めまい・息苦しさを訴えるようになってきた為、昨日からノーマスクで登校する旨を学校に伝えました。数時間後に校長先生からお電話があり、「学校の方針をお伝えすため」との事で週明けに私達夫婦と校長先生、担任の先生と面談をする事になりました。御社からもお電話をして頂けると大変心強い援護になると思い依頼致しました。

Follow me!

大村市立放虎原(ほうこばる)小学校” に対して1件のコメントがあります。

  1. 菊池 より:

    「電話対応」
    2022/3/16

    「資料の送付」
    自作の資料を送付しました。

    児玉校長先生とお話ししました。
    以下に会話の内容を載せます。

    -------------------------------

     お待たせしました。校長の児玉でございます。

    政治団体国民主権党ノーマスクコールセンターの菊池と申します。

     はい。

    よろしくお願いいたします。
    保護者の方からですね、マスクについてお電話してほしいという事で、
    依頼を受けまして、お電話させて頂いています。
    で、保護者の方からですね、マスクを強制してほしくないという事で、
    その話をして欲しいという事なんですね。

     はい。

    マスクですね。

     保護者はどなたですか。

    え~っと、保護者の方のご了承を頂いていないんで、
    お名前をちょっと現時点でお伝えすることはできないんですけれども。

     保護者の方が誰かは伝えられない。

    現時点ではですね。
    了承を得ていませんので、こちらの方から勝手に個人情報を話すことはできません。

     そうですか。

    はい。
    マスクについてなんですけれども、
    その、マスクをですねまぁ法律になっていない以上ですね、
    そのマスクの着用というものを、
    まぁ、例えばマスクをしてないから、
    こうマスクをしろとか鼻が出てるからマスクをしろとかですね、
    いった指導をですね学校さんの方がするということを、
    ま、して欲しくないと。
    マスクの強要に当たると思うので。

     マスクをしろとは言ってませんけれども、
     マスクの着用を推奨するという事で、
     文科省とか、県の教育委員会とか、
     市の教育委員会の、ま、指導というか、
     その方針、その通知にのっとって学校経営を進めているところです。
     しろとか、そういう言い方はしていませんけれども。

    では、マスクが、例えばきちんと着用していない児童がいた場合は学校としてはどのように対応していますか。

     マスクつけましょう。

    鼻が出てるよとか、マスクをちゃんとしなさいとかいう感じで声掛けですか。

     そうですね、マスクしましょうと。
     はい。

    そうですか。

     そうです。

    それをですね、頻繁に例えばその...

     それを、教師が、マスクしなさいとか、マスクしろとか、
     先ほどおっしゃったようにですね、ま、そういう言い方はさせてはいませんけれども、
     えっと、ま、保護者の方はどなたか個人情報だから言えないという事でしたけれども、
     ま、直接話してますけどもね。学校の方に来ていただいて。
     ま、どなたかは知りませんけれども。

    私どもの方に依頼頂いた方がその方と同一人物かは分かりませんけれども、
    その、マスクというものですね、感染症対策で例えば、
    法律でもうマスクは義務になりました、という風に決まってはいないんですから、
    そのマスクをですね...

     さっきから推奨していますっていう話をしています。

    はい。
    ですからそういう風に、マスクをしていない子に対して使用ねとかっていう言葉がけをしつこくしないで頂きたいと。
    一度言えばわかりますからね、お子さんは。

     んー、一度言って、まぁ、それでもまた外していれば、それはしましょうと。

    ですが、自由ですよやはり。子どもがマスクを外したいと思ったら外しますし、
    外れてしまったら自然じゃないですか。

     あのー、先ほどから言っているようにですね、
     文科省の方針と県の教育委員会とか市の教育委員会、
     そういったところに問い合わせて確認された上で
     いち学校にかけていらっしゃるということですか。
     菊池様は。

    私は保護者の方から依頼を受けて、話をしてくださいと言われたので、
    話しをしているという事です。

     そうしたら、その方には県の方針、市の方針、
     それにのっとって学校運営をしているそうですとお伝え頂ければ、はい。

    マスクがですね...

     先ほどいいましたように、どうしてもって何かいろんなお考えがあるのはもちろん、
     あのー、こちらも、その保護者の大人の考えっていうかですね、
     それに対して、あのー、全否定とかそういう事じゃなくて、
     うん、まぁ、まずはお考えを聞きましょうっていう場は設けているつもりです。
     本校でも、あのー、2,3...3件ほどそういった話し合いの場を設けているので、

    あ、そうなんですか。

     ぜひその保護者の方にですね、あのー、ま、学校も、じゃあ会って話しましょうとか、
     まぁ、電話でも、あのー、対応していますので、そういった話であって、
     その、うん、それこそ、私の方としては、菊池様がどこの誰かとか分からない状態でですよ、
     この話をしながら、まぁ、ちょっと以前電話を頂いたときにも、
     電話に対応した者が、教育委員会とかそういうところに確認されてますかっていうのは、
     えー、ちょっと確認したんですけどねーっていう事で聞いてますけれども、
     そのような状態でいち学校にかけるということが、ちょっと私には分からないので。

    え、なぜですか、その私どもの方に保護者の方がですね、
    学校に対してマスクは強制しないでくださいという風に伝えてくれますかという事を、
    依頼を受けて私はお電話していると先ほどもご説明しましたけれども。

     ですから、依頼された方に、えー、私、児玉は、えー、
     電話いただいて、話し合いをしますよと、いうことで、その第三者を使って、
     また一方的に、また、県の教育委員会とか市の教育委員会とか確認をされていない状態で、
     えー、私の方に一方的にかけられてもですね...

    先ほどからその市の教育委員会とかに確認っていうのはなんの確認なんですかね。
    先ほどからおっしゃってますけれども、

     その方針について確認したいんでしょ。

    いえ、あの保護者の声をお届けしてるんです、私は。

     その方針のもとはですよ、いち...私たちは公教育であり、えーと、わたくしりつ(私立)じゃないです。
     公教育であり、文科省、県の教育委員会、市の教育委員会の、
     ま、管轄の中でその指導の下に学校運営を進めている、それを、あのー、
     いち校長が、まったく全部ひっくり返すとか、そういうことはないので、
     えーと、まず、その方針を聞きたいのであれば...

    あの、方針じゃないです、すいません。
    あの、方針を聞きたいんじゃないです。

     ちょっと、よく、おっしゃっている意味がよく分からないですね。

    あの、誤解されているようですけれども、
    方針を聞きたいわけじゃないです。
    あの、学校運営をするうえで、その、教育委員会から指示を受けているっていうのも十分わかっていますよ。

     公的な人間ですからね。

    それは分かっていますけれども、
    お子さんに対してマスクが例えば、こう、ずれているからしなさいとかいうことは、
    学校であってもしちゃいけないはずなんですよ。
    っていうのは、マスクっていうのは息を制限するんですよ、呼吸を。

     ずれてるっていうのが、顎マスクとかされても結局着けていないっていう事と同じですよね。

    呼吸を制限しちゃうんですよ、マスクっていうのは。
    それを理解されてます?

     顎マスクとかに対して、つけましょうとかっていうことが...うん...

    例えばですよ、例として言いますけれども、

     はい。

    例えば、ま、小さいお子さんがね、あの、遊んでてズボンがずれてね、
    パンツが脱げちゃったとかそういう事で、
    みんなが不快に思うからじゃあちょっとあげましょうねとかそういうことならわかりますよそれは。
    ただ、マスクというのは、その呼吸を制限するんですよ。
    で、子どもにとって酸素というのはすごく必要なんですよ。大人よりも。
    っていうのは臓器が活発なんで、代謝も活発です。
    大人の目線でそれを強制してほしくないんですよ。

     面談された方がそういった資料を持ってこられたので、
     うん、そういった資料は持ってこられました。
     面談した方が。えーっとその方かどうかは...

    指導を受けていても、お子さんに対してマスクを、もう着けさせるという事を、
    学校であってもして欲しくないんですよそれは。

     あのー、そういった話はですよ、県の教育委員会とかそういったところにまず確認をして頂いて、
     それから、一学校にかけるべきです。

    確認したらですよ、確認したら、じゃあ、学校は、
    そのお子さんに対してマスクを着けさせるっていう事をやめてくれるんですか。

     確認してください、ぜひ。

    話しを、私がお伝えしたいのは、子どもさんにマスクを強制してほしくないっていう話ですよ。
    指示をしていたら強制していいんですか。

     推奨しているっていう話をしているじゃないですか、推奨してますと。

    推奨しているといっても、実質そうじゃないですか。
    だって、指導するっておっしゃってましたよね。

     えっと、その保護者が、うちの学校が、子どもに、しろ、しろ、
     しましょうではなく、しろ、着けなさい...

    なんて言っているか分かりませんよ、具体的には。
    あの、教員さんも色々いらっしゃいますから。

     じゃあ、やっぱり保護者に直接話す方がいいですよね。
     やっぱり、その、菊池様は今、保護者の方が、
     学校がなんていってるか分からない、
     だから保護者の方に直接こういうふうにやってますって話した方が一番分かるでしょ。
     あのー、その方に、依頼された方に...

    はい。言葉のかけ方も重要ですけど、実際どうなっているかじゃないですか。

     その方に、あのー、学校の方に、受け入れて話をしますのでと、
     電話、あのー、話をしましょうと言われて嫌ですとは私は言いませんので。
     その保護者の方に、あのー、学校の方にかけてみられたほうがいいんじゃないですかとか、
     そういったところをすすめていただいてよろしいですか。

    あの、私どもの方にですね、依頼をくださる方の多くはですね、
    学校に掛け合っても変わらないと、行き場を失ってたらいまわしにされているケースもあるんですよ。
    市の教育委員会にいけとか。

     ちょっと待ってください。ちょっと待ってくださいね。
     学校に掛け合っても変わらないっていうのは、
     だから、学校は、先ほどから何度も言ってますけれども、
     文科省とか、そういったところからの指導管轄の元でやってるので、
     いち学校の校長が、はい、じゃあ分かりました、
     マスクなしにしますなんていうことが、いえないでしょ。
     組織です。ですから、先ほどから、
     保護者には学校とじっくり話し合ってくださいと進めてください。
     菊池様につきましては、あのー、県の教育委員会なり市の教育委員会なり、
     そういったところと、まず確認された上で、いち学校に、
     まぁ、どうしても必要ならばかけてくると、そういったところが手順かと思います。

    現場に、あのー、語り掛けたいんですよ私は。
    だって、現場でお子さんにマスクを指導してるは学校さんじゃないですか。
    教育委員会さんは、文科省も指示を下ろすだけですよ。
    現場の状況も分からないですよ。
    現場でお子さんの顔を見ていて、マスクはしていないかしてるか、
    それで苦しいか苦しくないか...

     ですから、菊池様も、菊池様も現場の状況が分からないってさっきおっしゃったじゃないですか。

    ですから、学校さんに私はお伝えしているんですよ。

     菊池様は、先ほど、菊池様は先ほどうちの放虎原小学校がどういているかは分からないと。
     ですから、うん、それと同じじゃないですか。

    状況を知りたいわけ...状況っていうか、その、状況を知るっていう事が、
    状況を知るっていう事が、私の今お伝えしたいことではなくて、
    お子さんに対してマスクを強制してほしくないっていう話を学校さんにして欲しいっていう事で、
    私はその話をして、そして、現場の人に、そのお子さんに対してマスクをさせるという行為がですよ、
    それは、マスクは呼吸を制限するものであって、お子さんが大人よりも呼吸が重要だという事を、
    視点をもって頂きたいんですよ。

     だから、その話を、その話を、その話を文部科学省とか、県の教育委員会とかと話されたらいかがですか。
     その話は。
     あのですね、うち、明日卒業式なんです。
     今、いろんな時間がない状態なので...

    分かりました。お時間使ってしまってすいません。

     あのー、先ほどから聞かれているようにですね、推奨しています。
     そしてですね、2つ確認させてくださーい。

    はい。

     えーっと、まず、ちょっとうちですね、あの、電話番号が出ない機種のタイプの電話なので、

    はい。

     まず菊池様の、ま、この電話番号を教えて頂きたいなぁという事と、

    はい、いいですよ。

     えーっとですね、以前電話頂いて、県の教育委員会とかそういったところに確認されてますかーと、
     対応した者から話があった時に、失礼ながら、ちょっとこう、色々と私もですね、
     インターネットとかでこう色々と確認したんですけれども、

    はい。

     どうもあの、学校名とか、えー、校長名、そういったところをネット上に出して、えーっと、
     こういう会話をしましたとか。そういったページがあったようなんです。
     うん、あのー、そういったところに、ま、私も今話したことに対しては、
     しっかり自分の信念を持って、学校経営を進めてます。
     で、えー、それに対してちょっと批判的なような文面で、インターネットの方に公開されると、
     直接その時には菊池様とお話をしたいという思いで電話番号を知りたい、
     それと、インターネット上に、私の名前とか、そういったものは、載せないで欲しい、
     その二つです。まず電話番号をお願いします。

    ○○○-○○○○-○○○○

     ○○○-○○○○-○○○○ですね。ちょっと確認のために一回切ってからすぐかけ直します。

    はい。

     (いったん電話を切って、すぐに児玉校長先生からお電話がくる)

    はい、すいませんちょっとお待ちくださーい。

     もしもし、菊池様でしょうか。

    あ、もしもし、すいません菊池です。

     菊池様でしょうか。

    はい、菊池です。

     あー、はいはいはいはい、放虎原小学校の児玉です。

    はい。

     えーっと、そうしたら、もう今一つは確認できましたのでもう一つの方、
     あ、えーっと、ネット見れば菊池様が、お勤めというか、
     菊池様が主催者なのか私はちょっと存じ上げませんけれども、
     先ほどおっしゃったコールセンターっちゅうのは住所がわかりますね。

    はい?
     
     住所が載ってますかね。

    なん、なんの住所ですか。

     その、お宅というか、お宅様が、菊池様が主宰されてるんですかね。
     先ほどおっしゃったコールセンター...

    主催というのはノーマスクコールセンターのことですか?

     あー、はいはいはい、そうです。

    それとも国民主権党のことですか?

     ノーマスクコールセンターでかまいません。

    の、何が知りたいんでしょうか。

     えーっと、住所とかそういったところなんですが。

    事務所は持っていません。

     は?

    事務所は持っていないです。

     事務所は持ってない。

    私は、自分の、個人の自宅からかけております。
    個人の携帯電話ですこれは。

     そうしたら、さすがに、お宅様の住所は聞かんでおきましょう、番号は分かりましたので。
     では二つ目のお願いですー。
     先ほど言いましたように、えーっと、この会話の内容とか、もちろん依頼されて、
     あのー、電話かけてるんでしょうから保護者の方に報告されるっていうのはそういった流れなのかなーと思います。
     その時に、ぜひ保護者の方には学校に問い合わせて、
     学校も話し合いの場を持ちますよということをお伝えくださいというのは先ほど言いました。
     そして、その内容について、個人名とか学校名とかを出してインターネットの方に出すのはやめて頂きたい。
     よろしいですか。

    個人名というのは、具体的にはなんのことですか。

     あー、私がみたページではですね、どこどこ小学校だれだれ校長先生とお話しをしました、
     これこれについてはこうでした、そこで資料を送ることにしましたっていうようなことが載ってたんですが違いますか。
     それは全然違う菊池様とは関係のないページを私は見てしまったんでしょうか。

    あのー、私が質問しているのは、個人名とは具体的なんのことを示しているのかとお聞きしたんですけど。

     はい、私の名前を出すのかという事です。出さないでくださいねという。

    なぜですか。その理由は。

     もう一度言いますよ。

    はい。理由をお聞きしてます。
    なぜ校長先生のお名前を出してはいけないのかという理由をお聞きしてるんですけど。

     インターネットにですか。え、勝手に人の名前とかをのせるんですか。
     え、それに理由を問うんですね。え。

    なぜダメなのかという理由を聞いてるんですけどね。

     まず、あ、分か、ということは、今までの方も、なんの確認もなしに、
     インターネット上で、この学校のこの人と話をしました、
     そしてこうでしたというような、そういったことを載せていらっしゃるんですね。

    ま、園長先生とお話ししましたとか、校長先生とお話ししましたとか、
    教頭先生とお話ししましたというようなことですけれどもね。
    何か問題があるんですかねこれ。

     いや、んー、名前をですか。

    名前、公務員さんですよね校長先生は。
    公に勤務されている方ですよね。
    公務員は特定の国民に奉仕するのではなく国民全体の奉仕者として公共の利益の増進に努めなければならないという、
    全体の奉仕者として憲法第15条第2項に基づいている、
    そのように、あの、規定されいますけれども。

     ま、そうですか。
     でしたら、その文面については、こういう文面で載せますがという了承もない。
     こういう文面で載せたいと思いますと。載せるつもりですか。

    私は事実しか書いてません。

     そしたら、あのー、放虎原小学校は、保護者の方と、話し合う姿勢を持っているので、
     えー、ぜひ、保護者の方に直接連絡いただきたいというふうな内容で載せて頂けるという事ですね。
     載せて欲しくはないですけど。

    いえ、私は一言もそのようなことは言ってませんけども。

     ん、一言...何をですか。

    ですから、先ほど校長先生がおっしゃったように、
    記入すると一言も言っていないんですけれども。
    ただ、なんですか、それを載せてくれるという事でいいですかみたいに聞かれたんで今、
    校長先生が。私は一言もいっていません、そういうふうに。

     うん、まず最初から...

    私が書くことは私が...

     まず最初に載せて頂きたくないという事でこの話スタートしてません?
     あのー、うん、あの先ほど...

    その理由を聞いているんですけど...

     電話番号...2つって言って話しましたよね。
     電話番号を知りたい。ま、事務所があるなら、事務所の住所といいましたけどもこれについては事務所がない。
     2つ目のお願いが、ネットには載せないでください、いう話をしてここの話しに今なってるんですよね。
     うん、それをまた、一言も話していないって戻されても...

    いえいえ、違います違います。
    誤解されているようですけれども、
    どのように記入するかという話ですよ。

     どのように記入するかも私の勝手ですっていう話ですか。

    勝手ですっては言ってないですよ。
    私が書く内容は私が決めれるじゃないですか。
    誰かに、あのー、こういう風にかいてくださいって強制できるものじゃないじゃないですかそれは。
    マスクと同じように私にもそういうふうに、言うんですか。
    こういう風に書いてくださいって。
    それを、そういうことはやめて頂いたいんですよ、こちらとしても。

     ま、私も、して欲しくないです。という気持ちだけいっておきます。

    いえ、あのー、はっきりいいますけど、あの、
    このホームページに書かないでくださいってお願いは受けれません。
    いいですか。
    ただ、校長先生にこういう風に言われました、っていう事実を書きますよ。
    あることを書きます。ないことは書きませんよ。
    事実を書きますよ。

     もちろん、その先ほどからいっているようにですね、うん、
     私も信念を持って経営をしているし、うん、であのー...

    それだったら自信を持ってくださいよ。
    自信をもって、あの、自分は誰に見られても、ね、
    責められるような対応はしていないという自信を持ってください。

     ですから、ですから、直接保護者とお話をする機会を事実今までも持ってきている。
     ですから、その依頼された保護者に返信されるとき、電話連絡をされるとき、
     放虎原小学校は、保護者と、話し合う場を持ちますよということで、
     保護者の方から、直接、話をして頂ければ、えー、最初おっしゃったような、
     マスクをしろ、という指導はしていないとか、そういったことは、
     先ほどおっしゃったように、その状況は分かりませんっていう方に色々説明するよりも、
     直接保護者の方と、話をしたいと、そういう思いです。

    分かりました、保護者の方にはそれはお伝えします、確実に。

     卒業式の準備とかが、卒業式の準備とかもありますので、
     よろしいでしょうか。

    分かりました。
    これ以上ちょっとお時間とらせるのも申し訳ないんで。

     あー、はい、ありがとうございます。はい、忙しかとです。

    ありがとうございました。

     はい。

    失礼いたします。

     あ、えーっと、こん、もしですよ、また、別の方なり、そういった方が、
     もし依頼があった時も、同様に、えー、放虎原小学校はそういう姿勢があるから、
     私を通さずに学校へどうぞという事で、対応いただければと思います。
     もう、そうしたら、今後は、あの菊池様の方からご連絡いただくことはないという風に思いますので。
     はい。

    それは、あの、校長先生が決めれることではありません。

     あ、まずは、保護者の方にそういう事をお伝え頂きたいという要望という事で。
     お伝えしておきます。それについては確かにこちらから、
     うん、絶対そうしろという風な言い方になるとまたそこについてまた色々いわれそうなので。
     はい。ではよろしいでしょうか。よろしいですか。

    はい。

     はい。はい。では失礼いたします。

    はい、失礼いたしまーす。

     はい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です